住宅ローンを滞納したらどうなる?対処方法とは?

2021-12-28

住宅ローンを滞納したらどうなる?対処方法とは?

現在住宅ローンを利用中の方が注意したいのが、返済の滞納です。
もし滞納したらどうなってしまうのでしょうか?
今回は、支払いできないときの対処方法をご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

住宅ローンを滞納したらどうなる?

万が一ローンを支払えないと、どうなるのでしょうか?
1回でも支払いができないと、金融機関から連絡がきます。
連絡方法は金融機関によって異なりますが、登録先に電話がかかってくることがあります。
督促がきた際にすぐ対応できれば、大きな問題になることはありません。
しかし、督促への対応をせずにそのまま未払いが続いたときは、催告書が届くでしょう。
書類には、今後の流れが記載されているためよく確認してください。
一般的には、一定期間滞納が続くと、期限の利益がなくなります。
つまり、住宅ローンを分割で支払う権利を失うということです。
結果的に、住宅ローンの支払いはどうなるのかというと、一括返済が求められるのです。
ほとんどの方は一括で支払いができないため、保証会社を通して金融機関へ一括支払いをする流れとなるでしょう。
すると債権が保証会社に移るため、住宅ローン利用者は保証会社に支払いしなければなりません。
それでも返済できないときはどうなるのかというと、競売や任意売却になるでしょう。
任意売却を利用する方法もありますが、売却金額で残債を完済できない場合が少なくありません。
残債が残れば、支払いが残ることになります。
また、競売でも残債の完済は難しいため、多くの場合で支払いは残るでしょう。

住宅ローンを滞納した場合の対処方法

住宅ローンの支払いが難しいときは、まず金融機関に相談してください。
金融機関側も引き続き支払いをしてくれたほうが良いため、猶予期間が設けられる可能性があります。
また、すでに滞納してしまった場合も、早めに金融機関へ相談しましょう。
債権が保証会社に移る前なら、返済を待ってもらう方法が使えるかもしれません。
この間に支払いを済ませることができれば、任意売却や競売になる心配はありません。
もちろん、この間の通常の支払いもあるため注意してください。

住宅ローン滞納前に検討したいローン借り換え

万が一、住宅ローンを滞納しなければならないときは、ローン借り換えを検討しましょう。
現在利用中の金融機関に相談すると、金利を下げてくれる場合があります。
対応してくれないときは、今より金利の低い、別の金融機関にローン借り換え申込をすれば良いでしょう。
金利が下がれば、月々の返済額が少なくなります。

まとめ

住宅ローンを滞納したらどうなるのか、多くの方は気になるでしょう。
どうしても返済ができないときは、ローン借り換えや不動産売却がおすすめです。
返済ができなくなる前に、不動産を現金化すれば、返済の一部に充てることができます。
ネクストライフでは、岡山県倉敷市を中心に不動産情報をご紹介しております。
不動産の相続や住宅に関するご相談も承っておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

086-436-7810

営業時間
10:00~18:00
定休日
毎週火・水

売却査定

お問い合わせ