終活で考える不動産相続!空き家の管理方法や解決策とは

2022-04-12

終活で考える不動産相続!空き家となる物件の管理方法やデメリット解決策とは

相続した不動産の管理は大きな問題になることがあります。
とくに居住予定のない空き家の場合、適切に管理していないと建物の老朽化が進み、近隣に影響を及ぼすかもしれません。
そこで、終活をおこなう中で所有不動産についての悩みを解決しておきたいとお考えの方に、相続後の不動産が空き家になった場合の対処方法や管理方法をご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

終活の際に確認を!相続した不動産が空き家になった際の管理方法

空き家の管理には、「自分でする管理方法」と「管理会社に依頼する方法」があります。
自分でできる管理方法は、以下のとおりです。

  • 掃除や換気をする
  • 通水をする
  • 雨漏りがないか確認する

掃除は、室内だけではなく、建物周辺の掃除や庭の手入れも含みます。
雑草や樹木が生い茂ると、虫が湧いたり枝や葉が隣家まで伸びたりして、近隣に悪影響を及ぼす恐れがあります。
そのため、除草や枝の剪定が必要です。
また、空き家の管理において「通水」も非常に重要です。
水道を長年使用しないと、水道管に錆が発生し破裂する恐れがあります。
最低でも1か月に1度は通水し、水の色や出方などを確認します。
空き家の管理は、基本的には空き家の所有者がおこないますが、定期的に管理できない場合、空き家専門の管理会社に依頼することができます。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

終活に向けて確認を!相続後に空き家を放置するデメリット

空き家を適切に管理せずに放置し続けていると、「特定空き家」に指定されます。
特定空き家とは、地域に悪影響を及ぼす恐れのある空き家のことです。
特定空き家に指定されると、最終的には強制的に取り壊されることもあります。
また、空き家が老朽化して倒壊し、けが人が出たり近隣の住宅を破損させたりした場合、空き家の所有者の責任が問われます。
このように、空き家を放置し続けると、所有者と近隣にとってデメリットしかありません。
では、空き家によるトラブルを解決するためには、どうしたら良いのでしょうか。

空き家を譲渡する

相続人以外の方に空き家を譲渡することで、空き家を管理する手間や固定資産税などから解放されます。
無償譲渡になる可能性もありますが、空き家の放置状態を解消できるという大きなメリットがあります。

空き家を売却する

空き家をそのまま売却する、もしくは解体して売却します。
もしも買い手がつかない場合は、不動産仲介ではなく「買取」を依頼するのもおすすめです。
相続した不動産を令和5年12月31日までに売却した場合には、被相続人の居住用財産(空き家)に係る「譲渡所得の特別控除の特例」を受けられる可能性があります。
終活を考えている方は、空き家の管理方法や放置した場合のデメリット、空き家を手放す方法を確認しておきましょう。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

将来に備えて相続した不動産の管理方法を考えておくことで、いざというときに慌てずに対応できます。
終活を考えている方は、相続した不動産の活用方法や空き家になった場合の管理方法も一緒に考えておくことをおすすめします。
相続した不動産が空き家になっている方や、空き家の売却を検討している方は、弊社にご相談ください。
私たち「ネクストライフ」は、岡山県倉敷市を中心に不動産の売却をおこなっております
弊社のホームページより、不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

086-436-7810

営業時間
10:00~18:00
定休日
毎週火・水

売却査定

お問い合わせ