空き家を相続したときの管理方法とは?デメリットや解決策についてもご紹介

2022-08-16

空き家を相続したときの管理方法とは?デメリットや解決策についてもご紹介

空き家を相続する方は、今後はどのように管理していくか悩ましいかと思います。
空き家状態で放置していると、デメリットも多くあるため、さまざまな方法を試す必要があります。
そこで、今回は空き家を相続したときのデメリットや解決策についてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

相続した空き家を管理するポイントは?

空き家は放置しておくと、建物の劣化が進み大変危険です。
そのため、空き家を管理するときは以下の3つの点に注意すると良いでしょう。

換気する

空き家が劣化するポイントの1つが湿気です。
湿気が多いと、木造の家はとくに老朽化が進みます。
そのため、定期的な換気をするようにしましょう。

通水する

通水とは、水道の水を出しておくことです。
通水していないと水道管がさびてしまい、故障する原因になってしまいます。
換気と同時に、水道の蛇口をひねり水が出るかどうかを確認するようにしましょう。

掃除

家の中だけでなく、庭木の手入れも含めて掃除も大切です。
庭の草木が手入れしていないと隣接している土地の敷地に庭の草木が侵入してしまったり、荒れ放題になれば景観が損なわれたりと、地域の方からクレームが入ることがあります。
そうなる前に除草剤などを使い、景観も含めてきれいな家の状態を保つようにしましょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

相続した空き家を放置するデメリットとは?

空き家を相続すると、管理や維持するのが大変です。
また、管理をしないで放置してしまうと以下のデメリットが生じます。

特定空き家に指定される

空き家は放置されてしまうと、犯罪の温床や火事の元などさまざまなリスクが生じます。
そのため、法律で犯罪や事故が起きる可能性がある空き家は特定空き家に指定されます。
特定空き家に指定される前に、対策をしていく必要があります。

所有者責任

空き家に住んでいなくても、空き家がらみの事故が起きた場合、空き家の所有者は責任を負わないといけません。
所有者は、自分に過失がない場合でも事故が起きた場合損害賠償を請求されます。
そのため、自然災害が多い日本では空き家をそのままにしておくのはリスクが大きくなります。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

相続した空き家をそのままにしない解決策とは?

空き家はそのままにしておくと、管理も大変でデメリットも多くあります。
そこで、以下の解決策を試していくのが良いでしょう。

解体する

自治体によって、補助金が出る場合もあります。
費用が掛かってしまいますが、更地にした土地は売れやすくいため、売却もしやすくなります。

売却する

そのままの状態やリフォームをして売却するのも1つの手段です。
ご自身の状況によって、さまざまな売却方法があります。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

空き家は放置しておくと、管理の手間もかかります。
早めに解決策のどれかを試していくと、負担が少なく楽になります。
私たち「ネクストライフ」は、岡山県倉敷市全域を中心に、都窪郡早島町全域、総社市全域で不動産の売却をおこなっております。
弊社のホームページより、不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

086-436-7810

営業時間
10:00~18:00
定休日
毎週火・水

売却査定

お問い合わせ