土地売却時に倉庫の解体にかかる費用は?その注意点を解説

2022-11-22

土地売却時に倉庫の解体にかかる費用は?その注意点を解説

個人や法人で倉庫を保有している方も多いのではないでしょうか。
もし土地を売却することとなった場合、倉庫を解体する必要性が生じるかもしれません。
そこで今回は、倉庫の解体にかかる費用やその注意点について解説します。
使わなくなった倉庫を所有している方や、倉庫付きの土地の売却を検討されている方はぜひご覧ください。

\お気軽にご相談ください!/

土地売却時に倉庫の解体にかかる費用

倉庫の解体費用は一律で定められているわけではなく、以下のようなポイントを総合して算出されます。

倉庫の解体費用に影響を与えるポイント

倉庫の状態
構造が不安定であり少しでも倒壊する危険性がある場合は、より安全面に配慮した工事が必要になるため、金額は上がります。
土台
倉庫によっては、強固な土台が用いられていることがあります。
その場合は撤去に手間がかかるため、解体費用にも影響を及ぼします。
大きさや材質
当然、倉庫が大きいほど費用も高額となります。
また、木造や鉄骨といった材質によっても費用は変動します。
残置物の有無
倉庫内に残置物があると、その分の撤去費用が別途発生します。
立地条件
実は、立地条件も解体費用に影響を与えます。
倉庫の周辺に十分なスペースがない場合は大型重機が入れず、解体により手間がかかってしまうためです。

倉庫の解体費用の相場

すでに述べたとおり、倉庫の解体費用はいくつかのポイントをもとに算出されますが、建物の造りからおおよその金額は見積もることが可能です。

  • 木造:1.5〜2.0万円/坪
  • 鉄骨:2.0〜3.0万円/坪
  • プレハブ:2.0〜3.0万円/坪

上記は坪単価で記載しているため、対象倉庫の面積を掛け合わせることで、概算を把握することができます。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

土地売却時の倉庫解体の注意点

倉庫を解体する際の3つの注意点を解説します。

事前準備

ご自身で解体作業される場合や工事中の現場に立ち入る際は、必ずヘルメットや作業着を着用するなどして、安全面に配慮しましょう。
また、チェーンソーなどの用意があると作業を効率化することができます。

廃棄物の処理

倉庫の解体作業をおこなうと、廃棄物が出てきます。
原則、自分自身で解体作業した場合は一般廃棄物の扱いとなり、通常のごみとして出すことができます。
ただし、廃棄物の量や質によっては回収を断れることもあるため、注意が必要です。
また、解体業者が営利目的でおこなった解体作業で出た廃棄物は、産業廃棄物として処理されて別途費用がかかります。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

倉庫の解体にかかる費用は、大きさや種類によって大きく異なります。
自分自身で解体作業をおこなうことも可能ですが、専門業者に委託したほうが安全かつ効率的に進めることができるでしょう。
私たち「ネクストライフ」は、岡山県倉敷市を中心に不動産の売却をおこなっております。
弊社のホームページより、不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

086-436-7810

営業時間
10:00~18:00
定休日
毎週火・水

売却査定

お問い合わせ